ConoHa とお名前.comでサブドメインを利用してページ公開する

この記事は約6分で読めます。

今回は、作成したホームページやアプリケーションを ConoHa とお名前.comで独自ドメイン、サブドメインを用いて公開する方法を説明していきます。

ConoHa VPSとお名前.comを用います。

ゴール

ConoHaVPSとお名前.comで独自ドメイン、サブドメインを用いて複数のアプリケーションをを公開する

例)

トップサイト(www.orisomu.site)

サーチサイト(search.orisomu.site)

この様に、サブドメインを用いることで、一つのサーバ上で複数のアプリを公開することができます。

実践

それでは、ConoHaVPSとお名前.comを使って、実践していきます。

複数アプリを公開する全体の流れ

  1. ブラウザ等からxx.example.comにアクセス
  2. サーバでは最初にNGINXにリクエストが来る
  3. NGINXでサブドメイン毎にリクエストを振り分ける
  4. レスポンスを返す

NGINXは軽量Webサーバで、サブドメイン以外にも、サブディレクトリでリクエストを振り分けることもできます。しかし、複数サービスを公開する場合は、サブドメインで振り分ける方が良いでしょう。

 

今回は

a.<ドメイン名>、b.<ドメイン名>でそれぞれAとBのページを公開することにします。

TODO

  1. ConoHa でVPSサーバを借りる
  2. お名前.com
    で独自ドメインを取得する
  3. ConoHaVPSお名前.com
    で取得したドメインを連携する
  4. アプリを作成(今回は単純なHTML)
  5. NGINXでリクエストを振り分ける設定

ConoHaでVPSサーバを借りる

ConoHaVPS にアクセス

サーバ追加で、今回はCentOSを利用します。

rootパスワードは、rootユーザのパスワードで、ログインする時に必要ですので、大切に保管してください。

ネームタグはサーバ名なので、判別できる名前にした方が良いです。

オプションでは、セキュリティ的には良くないのですが、全て許可しています。後で変更可能です。

サーバ欄を押すと、先ほど借りたVPSサーバの情報が出てきます。

IPアドレスをメモしておいてください。

お名前.comで独自ドメインを取得する

まず、お名前.com
にアクセスここで、自分の好きなドメインを取得してください。

説明に従って進めば登録できると思います。

数十分から~数日かかります。(私の場合は30分でした)

ConoHa VPSとお名前.comで取得したドメインを連携する

ここではお名前.comで取得したドメインをConoHaで使うために、

  • ConoHaでドメインの設定
  • お名前.comでネームサーバをConoHaに変更

これを行います。

設定の反映に少し時間がかかる場合があります。

ConoHaでドメイン設定

ConoHaVPSの欄から、DNS→+ドメインを押します。

そして、お名前.comで取得したドメイン名を記述して、保存します。

次にそのドメインをクリックします。

下のプラスボタンから、名称、TTL、値を入れていきます。

名称はサブドメインです。@は空白の場合(サブドメインを利用しない場合)です。

TTLは生存期間で今回は関係ないので、3600にしておきましょう。

値には借りたサーバのグローバルIPアドレスを入力してください。(今回は消しています)

今回、サブドメインはaとb公開するので、この様になります。(値は削除しています。

 

また、タイプNSの値は次のお名前.comで必要になるので、メモしておいてください。

お名前.comでネームサーバをConoHaに変更

お名前.comにて、ドメイン設定→ネームサーバーの変更

そこで、取得したドメインを選択し、他のネームサーバを利用を選択します。

先ほどConoHa のDNS書いてあったタイプNSの値を入力します。

これで、サーバの設定は完了です。

 

アプリを作成(今回は単純なHTML)

サーバ上にアクセスします。この後、rootパスワードを入力すれば入れます。

$ssh root@<conohaのIPアドレス>

次にページを作成していきます。

/var/wwwディレクトリにそれぞれのページを作成します。

/var/www
├── appA
│   ├── index.html
├── appB
│   ├── index.html
<!-- appA/index.html -->
<html>
<body>
this is service A
</body>
</html>
<!-- appB/index.html -->
<html>
<body>
this is service B
</body>
</html>

これでサイトを制作しました。

余談ですが、ローカル環境で作成したページをアップしたい場合はscpコマンドを利用すると良いと思います。

NGINXでリクエストを振り分ける設定

まず、サーバにNGINXをインストールします。全てyesで進んでください

$yum install nginx

インストールすると、/etc/nginxというディレクトリが生成されているので、

ここのconf.dというディレクトリの中にNGINXの設定ファイルを作成します。ファイル名は自由ですが、拡張子は.confです。

## /etc/nginx/conf.d/example.conf
## vim /etc/nginx/conf.d/example.conf
server {
    listen       80;
    server_name a.<ドメイン名>;

    charset UTF-8;
    location / {
        root   /var/www/appA; ##作成したHTMLのディレクトリ 
        index  index.html index.htm;
        try_files $uri $uri/ @rewrite;
    }
}

server {
    listen       80;
    server_name b.<ドメイン名>;

    charset UTF-8;
    location / {
        root   /var/www/appB;
        index  index.html index.htm;
        try_files $uri $uri/ @rewrite;
    }
}

これを保存すれば、

$ service nginx reload

これで完了です。

 

実行結果

まとめ

今回はConoHaVPSとお名前.comを用いて、サブドメインを使って複数アプリケーションを公開する方法でした。

今回は単純なHTMLですが、APIサーバや、もっと多機能なRails等色々カスタムできるので、おすすめです。

 

ConoHa :5分でGoのWebアプリをConoHaVPSで公開する方法
5分でGoのWebアプリを ConoHa VPSで公開する方法を説明します! そんなに早く? と思われるかも...

 

それでは。

タイトルとURLをコピーしました