[ 仮想通貨 ]仮想通貨の未来~ビットコイン~

この記事は約8分で読めます。

 

仮想通貨って何だろう。

胡散臭いなあ。

仮想通貨 とは

通常の通貨と同じで投機目的で使われる事が多く、

2017年後半からビットコインという通貨の価値が急騰してから、話題になりました!

 

しかし

 

すぐに、コインチェックという仮想通貨取引所にて、ハッキングを受け、約580億円分のNEM(仮想通貨)が不正流出したことにより、一気に「仮想通貨」の信頼を失いました。。。

 

実は、

「仮想通貨」ではなく、取引所がハッキングされたんです。

よって

「仮想通貨」はまだ未来があります!

 

大学時代、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンを研究していました。そんな僕から

仮想通貨について、社会的な面と技術的な面で未来について解説していきます。

 

 

仮想通貨とは

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

仮想通貨とは、インターネットを介して使う通貨のことです!

また、仮想通貨自体、国で存在が認められています!

仮想通貨として、ビットコイン等の特定の国に依存しない通貨について掘り下げていきます!

「特定の国に依存しない通貨」がビットコインのキーワード

お金(通貨)の仕組み

仮想通貨を語る上でまず、お金(通貨)について知る必要があります。

そもそもお金とは、物々交換の仲介役として生まれました。

そのため、お金には価値の保存・尺度・交換の役割があります。

これらの役割を果たすためには、

通貨の信頼性→通貨を管理する団体の信頼性

が重要になります。
信頼性があるからこそ、交換する人達はお互い、通貨の価値を認識することで、通貨が通貨として成立します。
お金について知りたい方は、下の本を是非読んでみてください。

既存の通貨の課題点

通貨の信頼性を担保するためには、

通貨を管理する団体が必要でした。基本的に、この団体は国です。

国内は国が定めた通貨が流通しています。

既存の通貨の課題点としては以下が挙げられます。

  • 国や国を代表する企業の業績で、通貨の価値が大きく変動する
  • 国外に送金する際に、時間やお金がかかる

例えば、2008年の大手投資会社のリーマン・ショックブラザーズが経営破綻する、リーマンショックの影響で、ドル価値が大きく下がり、世界的に大きな打撃を与えました。通貨を管理する団体に通貨の価値が依存してしまうという課題点があります。

また、海外で、送金する場合、通貨の違いから、数日から数週間かかってしまったり、送金手数料が数千円かかったりしてしまうことが課題点としてあります。

既存通貨の課題解決策

一つです。

世界共通の通貨

があれば簡単に課題を解決できます。

ビットコイン

ここで、登場するのがビットコインです。

2008年に「サトシ・ナカモト」という(詳細不詳の)人物が論文でビットコインを提案しました。

ビットコインは

「世界共通の通貨」

を目的とした仮想通貨です。

 

世界共通を実現するために、通貨を国で管理するのではなく、みんなで管理する仕組みを用います。

ビットコインはみんなで管理する仕組みを実現するために、

ブロックチェーン

という技術を用いています!

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、分散型の管理台帳です!

つまり、

普通の通貨の台帳は、国が厳重に管理していますが、

ブロックチェーンでは、誰もが台帳を持つことができます!送金が正しいかをみんなで管理します。

 

また、管理する人は、管理することで報酬を得る仕組みがあり、それを「マイニング」と呼びます。

中国では、このマイニングをするだけの企業も存在します。

 

管理する人が多ければ多いほど、通貨の信頼性が増します。

 

Go言語でブロックチェーンを作りたい方はこちら。

[ ブロックチェーン ]Go言語でBlockchainを作ってみる

ブロックチェーンを用いた仮想通貨のメリット

  • みんなで監視しているから、不正ができない!
  • 送金コストが掛からない
  • 国の情勢に影響されない!

みんなで監視しているから、不正ができない!

一人一人が台帳を管理しているため、2重送金ができません。

また、管理する側の不正も、半分以下であれば、不正できない仕組みになっています!

善良な管理者が半分いれば、不正が起こりえない状態になってます。

また、国の不正も防げるので、国の不正が多発している発展途上国で、ビットコインは期待されています。

 

送金コストが掛からない!

法定通貨だと、取引に時間やコストがかかりますが、ビットコインだと、ネットの通信で共有されているため、送金コストがかかりません!

 

国の情勢に影響されない!

ビットコインはこれが一番強いです。

そもそも、お金の価値を国に影響されないため、安定的に利用することができます!

ブロックチェーンを用いた仮想通貨のデメリット

  • 誰も統制できない
  • お金の所在がわからない

逆説的なデメリットです。

誰も統制できない

日本だと日本銀行が発行数や価値を調整しているため、安定した価値になっています。

一方ビットコインでは、誰か一人が調整することができません。そのため、不具合が生じても、誰も統制できません。

 

お金の所在がわからない

誰もが台帳を管理できるように、送金情報は暗号化されています。

誰も、送金者を知り得ることができないため、

マネーロンダリングに使われると、特定できません。

日本では、送金履歴をたどることができます。

 

Tips:コインチェックのコイン流出

コインチェックで仮想通貨NEMが流出しましたが、あれは、仮想通貨の仕組み=ブロックチェーンがハッキングされたのではなく、

ユーザのウォレット(NEMを管理している財布)を管理している鍵を「コインチェック」が盗まれたのです。

管理の仕方が甘く、そこから盗まれました。

ビットコインのように、管理するユーザが多い仮想通貨は、量子コンピュータが完成しない限り、不正できないでしょう。(量子コンピューターが実用化されれば、そもそもパスワードやハッシュも意味がなくなるので、色々やばそう)

仮想通貨の未来

社会的側面

通貨としての役割より、投機としてみられるようになったため、日本ではあまり使われていません。

しかし、世界では、信頼性からビットコインを通貨として認めている国がたくさんあります。

いつか世界的にもっと認められば、

国を跨いでのやり取り、外貨両替での手数料、その他諸々のコストが低くなります。

IBMでは、ビットコインほど、分散ではないですが、国や企業で管理するHyperLedgerというブロックチェーンを用いて、国家間送金のコストを下げる研究が行われており、実用化が現実味を帯びてきています。

 

他にも、信頼性の高い通貨を技術的に作れるため、

国内でも独自の経済圏が生まれる可能性があります!!

詳しくは上のお金2.0をお読みください!

技術的側面

根幹技術であるブロックチェーンは、不特定多数で重要なデータを管理でき、信頼性も高い仕組みとして、他の分野への応用が期待されています。

例えば、国内選挙で、電子投票を既に実施しているエストニアやアメリカではブロックチェーンを用いた電子投票システムの開発が進んでいます。

他にも、食物の生産状況をブロックチェーンで管理する仕組みや、IoTなど、様々な分野で応用が期待されています。

 

Go言語でブロックチェーンを作ってみたので、是非作ってみて、仕組みを理解してください!

[ ブロックチェーン ]Go言語でBlockchainを作ってみる
Go言語を用いて、WEBAPIを介して、ブロックチェーンを扱うアプリを作ってみました。 ソースコードファイルも配布しているので、ブロックチェーンの勉強に是非作ってみてください

 

まとめ

今回は仮想通貨について、どのようなメリットやデメリットがあるのかまとめました。

ブロックチェーンは技術的に、一概に語ることができず、それぞれ様々な特徴を持っています。

本記事では、代表的なパブリックブロックチェーンのビットコインを前提に書きましたが、

コンソーシアム型のHyperledgerやパブリック型のイーサリアムなど、それぞれでメリットデメリットが違います。

また、ブロックチェーンについて、細かくまとめたいと思います!

それでは。

タイトルとURLをコピーしました